2013年02月24日

アマゴ 水槽飼育 2013 水替えです。



餌付けを始めてもう2週間近くが経ちました。 今年も順調だぁ〜!

と、 言っても今年は40匹ちょいだけどね。 実は心配なところが有りまして犠牲者を最小限に留めたかった。
発眼卵より飼育を始めて、孵化から浮上と問題無く? 成長してきたアマゴなんだけど
・・・・・・・・・・この先成長を続けるアマゴにとって・・・・・・・?
本当にこの水で行けるだろうか? 例年なら近くの川からポリタンクで水を汲んで来てたから「大丈夫」と 言う確信が有った。 

だけど、今年は・・・・・(小心者の源さんが露呈したな) 水道水だよ・・・・・?そりゃ心配にもなるョ。

                  これだョ????





              

              人間用塩素入り消毒水!

1.JPG
              
              そう、今年はお手軽です。

2.JPG

              蛇口をひねるだけで出るわ、出るヮ!

3.JPG

              記事も早いが水の貯まるのも早い! (新たな手抜きか?)

いやいやそんな事は多分無い? そこで、水替えのタイミングをば。

4.JPG

水槽の表面に少しだけ泡が漂う様になって来たら、「漂う」と言っても直ぐはじけるんだけど
             水替えの目安にしている。
そして 匂い、色、残りエサの有無、などなど。 「水が匂うな?」と感じる前に替える。
「濁って来たな?」となる前に替える。 「残りエサ」が水槽の底に溜まって 腐敗する前に替える。
前に、前にと言ってたら「毎日やんかぁ〜」なんて思わなくても大丈夫。 

                 「こいつら」けっこう強いから!

6.JPG

じゃ、何時よ? ・・・・・・・・一度飼育すると判る。 (う〜ん、答えになって無いナ)





                   飲めば判る!!  (腹こわすから止めとけ) 

            むしろ心配なのはこっちの方 

5.JPG

未だ「サイノウ」も取れていない 「つくし組」達です。  こいつらは弱い! 周りのアマゴ達は
毎日2〜3時間おきにエサを食べ、どんどん大きくなっていくんだけど
               ちょっとだけ孵化が遅かっただけで
その差は大きい。いざエサを食べる時期になった時、「タンポポ組」とのエサ争奪戦に負け追い払われてしまう。
やがて蓄えていた養分も底をつき・・・・・・・・・たらーっ(汗)
 
そうなる前に水槽を別けてやる。

今年は60ℓの水槽2個+20ℓ1個。 これで40匹ちょいを飼育してみようと思う。
           
        さて、水も貯まった。 24時間置いた後、一度全員引っ越し。

7.JPG

その後、今までの水槽を綺麗に洗い、再び汲み置きの水に別けて選別引っ越しを考えている。
今後の水槽は小砂利を敷かず、残りエサの確認がし易い様こぶし大の石を数個河原で拾ってこよう。

               そして隠れ家を兼ねて配置します。
      

posted by 源さん at 16:48| Comment(4) | TrackBack(0) | アマゴ水槽飼育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


飲めば判る

出たら飲む

なんて、ちょっと似通った雰囲気が…(笑)

何でも最初はドキドキものですね。
しかし、着実に卵から孵り、稚魚にまで成長していますので、順調良くいっていますよね。
アマゴたちも逞しいものです。
一方で、源さんが見えないところで、こまめに世話をしているところが一番すごいところでしょうね。



Posted by Hutt River at 2013年02月25日 23:32
huttさん一杯いかがっすか?

なんて、間違っても飲まない方が健康を維持出来ます。

今年の飼育稚魚は41匹!
流石はAN会計様160匹を見事目視にて確認して頂いております。
て事は201個の発眼卵は全て孵化していた事になります。
もちろん死卵を除いてですが。
そして。 死魚もゼロと言う事になります。
次回のUPにはパーマークの浮き出たアマゴ達を紹介出来ると思います。
Posted by 源さん at 2013年02月26日 20:35
水槽、安定してるようですね。

すばしっこくなって引っ越しもだんだんと大変になってるんじゃないですか?w
Posted by acrolith at 2013年02月27日 10:44
acrolithさん ご名答!

実は水槽の水替えの時、砂利の中に潜り込んで大変だった。
来年はもう少し小さな砂利にします。
卵がころころと転がらない程度で十分だと再認識しました。
一番最初に飼育した時の砂利に戻します。
明日からクラス分けです。
Posted by 源さん at 2013年02月27日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック