2015年04月13日

いよいよ釣りイベントへ


ANイベントのエントリーが前後しますが、稚魚放流の画像待ちという事でこちらを先に

青川ネットワークのイベントで有料なのはDRYFLY、WETFLYの各スクールのみ
どちらも参加費3000円としてますが、その内容は

IMG_1322.JPG

のんびりです。



根っからの性格なのか、いなべ川の流れに合わせるが如きゆったりとスタートするWETFLYスクール
毎年の事ゆえさほど気にもしないが、先ずは河原近くの公園でオープンカフェ(今回は画像無いよ)
これは釣行会でも同じ事、期待に胸を膨らませると出鼻を提灯で塞がれるぞ?

さて、始まりましたWETFLYスクール。いきなりとんでもない流れからスタートです!

IMG_1321.JPG

思わず腰も上がります。
しかも今回はスクール初のドロッパーシステム! そして、何とも攻めづらい流れ
ある意味ニンフの釣りです。一投ごとにラインの先端に神経を集中!
それは良いが、講師の説明を聞いてるのかね? フィッシャーマンの「サガ」むき出しだぞ!
参加者の殆どはこの流れに精通するツワモノばかり、今更何故?と思うのだが、そこは引き出し豊富な
インストラクターも心得たもの
普段見せないテクニックを披露してくれます。 (この親父は〜・・・)

IMG_1323.JPG

しっかりボックスに用意されてるじゃないか! 

当日は晴れ男、源さんの参加で、のほほんとした春らしい陽気に恵まれましてね
雨の中ニンフで釣り上がるT2氏とはエライ違いですな

何時もの事ながら、見学位置は自由! FLYを目で追うもの、ライン操作を後ろから学ぶ者

IMG_1326.JPG

春らしい陽気に誘われダンが流れます。

IMG_1332.JPG

他の河川に比べて少し黄色っポイのがこのいなべ川のマダラ

IMG_1331.JPG

プールは一通りレクチャー終了。  いよいよ核心のガンガンの瀬に差し掛かります。
ここからが圧巻! とてもiphone如きレンズでは追いきれません。(その頃スナイパーはうどんの用意をしていた)
申し訳ない! 画像が有りません・・・

捉えたのは足取り軽く引き上げる参加者の後ろ姿

IMG_1333.JPG

何でも予想外の見っけ物が有ったとか? 熱々の伊勢うどんを食べ、タイイングスクールに移ります。

IMG_1336.JPG

かぶりつきですな。

豊富なマテリアルとテクニック! 普段目にしないあらゆるマテリアル
今では手に入らない物も多く、本物を見る目を養うには絶好の機会です。 そのマテリアルを使い
希望するパターンをタイイングして貰うのがANスクール。 もっともタイヤ−はグラス片手ですが

今回、プチ「キャスティングレッスン」も行われたとか? ほとんど一日だったね

見た、質問した、聞いた、全ては率直に言ったもん勝ち! それに応えてくれるインストラクター

こんな人たちに支えられてのスクールだよ。      皆さんありがとうございました。

次回はDRYFLYスクールの予定です。

                                    源













posted by 源さん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | AN通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック