2016年06月23日

大っきな〇んこに迎えられ



青川ネットワークでは珍しく?何もない場所でのキャンプ釣行。

私は」 電気、ガス、水道、そしてシャワーか温泉付きの「至れり尽くせり」と言ったキャンプ場が好きで
照明や街灯の無い暗闇で一夜を過ごすなど恐怖以外の何物でもない!
(=^・・^=)

ひとまずベースとなる民宿?に到着してみると

そこには・・・・・

IMG_2572.JPGIMG_2573.JPG

いやいや明日はきっと・・・・・




IMG_2574.JPG
途中で見かけた立て看板

なんじゃこりゃ!





今回のキャンプ地、路の真ん中に大きな落とし物、川縁にも有る・・・・ティッシュを使わないらしい
火は絶やさない方が賢明だろうね。  

やがて日は落ち


暗闇を照らすのは僅かな月明りや無数の星々

IMG_2598.JPG

梅雨の最中とはいえ、このグループには幾多の神のご加護が有るらしく、雨などに邪魔されるはずも無い
何しろ「ウグイ」さえ寄せ付けない。

私が好きなのは、僅かな藪に隠された豊かな流れ、その藪を抜けると明るい渓が広がり

IMG_2576.JPG

初夏の花が日差しを遮り

IMG_2584.JPG

先行く釣り人の後ろ姿を一枚の絵画の様に楽しむ場所を作り出す

IMG_2586.JPG

そこには

IMG_2592.JPGIMG_2594.JPG

流れに走り出す前のイワナが一瞬だけ浅瀬にとどまる

夕暮れと共に一日が終わり

闇の中、静かに酒を酌み交わし、語らいの時を楽しむ

IMG_2597.JPG

せせらぎの音に目覚め、冷えた朝の空気の中、コーヒーと質素な食事で新たな流れに思いをはせる

IMG_2599.JPG

県境を越えた初めての渓、前々から気になってた流れ

IMG_2604.JPG

遊んでくれるイワナは居るだろうか?

珍しい二本足をよく見ようと陸に上がり、慌てて引き返す奴! 楽しい。

IMG_2595.JPG

まぁ大抵は水から離れる事無くさっさと帰ってしまうな。きっと栗のイガの様な私のFLYに尾鰭で水を浴びせ
やっぱり偽物かよ、けっ!  てな具合に。 せめてカメラを取り出すまで待てよな

他人はそれを「逃走」と言うらしい

まっ、それも楽しい

このグループ

何故かお昼に蕎麦を食べてキャンプを終了する事が良くある

IMG_2610.JPG

その昔、「そばつゆ」を忘れた事が有るらしく、何故か拘っている
意地になって「めんつゆパーティー」を催した経緯が有る程

今年も楽しかった

参加者の一人は希望だった茶を楽しんだ後、山ヒルのいない渓で遊んでいた
そしてもう一人、フライで一匹! との意気込みにもこの渓は応えてくれた

何も無い山奥でのキャンプ釣行
豊かな自然とクマのう〇こがてんこ盛り!  でも良かった

来年は至れり尽くせりのキャンプ場?
「テレビを見ながら電子レンジで調理したツマミ、側の冷蔵庫で良く冷えたビール
クーラーの効いた部屋でフライロッドを磨く」





ははっ、青川ネットワークにゃ似合わない

クマのうんこの方がいいや。




posted by 源さん at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | flyfishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439298141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック